忍者ブログ

☆ダンボール造形作家 玉田多紀活動日記☆

創ること 生きること 想うこと

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

フィレンツェ通信③ 〜ダンボール〜

ダンボールとボンドさえあればどこでもできる! の実証です

約2週間の滞在で現地制作しました
違うのは現場の空気と気持ち
どんな風に作品が変わるのかが知りたかったのでやってみました。



フィレンツェの街は昔からの建造物がそのまま残されています
聖堂や度迫力の彫刻の素晴らしさはもちろんでしたが、
石の壁に刻まれた彫刻、生き物のドアノブなど、ちょっとした街角にある造形に魅かれました





月曜の紙、ダンボール回収日には街角に積まれたお宝が…




フィレンツェから電車で1時間くらいのアレッゾという街で開催されている骨董市にいきました
ここはflife is biautifulの舞台になったところです



もちろんここにも… いいのがありました




そんなわけで、さっそく制作開始
飲食店でみつけたナプキンにフィレンツェのマーク発見
私がイメージしたのはコンドル
街の壁から頭を出している感じにしよう


完成には至らなかったけど、引き続き日本で制作します。

やっぱりどこでも制作はできる素材と技法でした
ダンボールはいつも薬局でもらいますが、フィレンツェにはたくさん薬局あるけれど
ドラックストアとちがっていわゆる薬局なのでダンボールはありません
なんとか手に入れたものは、ちょっとあつかい辛いものでしたが、特に問題なし

街は残すべき歴史的な素晴らしい物であふれていたので、
NYに見られるようなパブリック現代アートはまったくありません
ギャラリーや画廊もアンティークや絵画、彫刻を扱うところがほとんど
でもショップはどこでもアート作品が展示してあります

修復、職人 という言葉があっている街だと思いました

展示は6月24日までなので、まだまだ会期中
あーどうなったかな…


そんなわけで、とにかく見た事ない空の色が一番印象的だった旅 フィレンツェ通信
ご観覧ありがとうございました^^





PR

帰ってきた首長竜!

一ヶ月間の展示を終え、高松より首長竜が帰ってきました

なんと10tウィング!!
幕張メッセでしか開くとこ見たことない!@o@!
開いたら作品一体がごろ〜ん  
こんなvipシート。。


関東外への遠征で一番問題になる運搬…
今回はトラックの手配を友人が一肌脱いでくれてかなりいい状態で運べました
ほんとに感謝してます!
ありがとうございました

e-とぴあの皆さん
危うい予定の中調整していただいてありがとうございました!
こんなんですけど またよんでくださ〜い

DSC_1145.jpg


恐竜出動!!

はや 冬がきたー
夏の余韻にひたってる場合ではなかった!


5m首長恐竜「independence」が高松に進出です♪
12月15日(土)16日(日)@e-とぴあ・かがわ

首長恐竜初の700kmの遠征!
空から?海から?電車から?
さてどうやって海渡るの〜?!


そんなわけで、夏たくさん外に出たお疲れくんを
本日メンテナンス中
DSC_0858.jpg














 

クロコお披露目

しっわす〜〜〜 翌月にヒーヒー言いながら早一年です 

2011年かなり充実してたな。。。
振り返るにはちょっと早いかな

今日はいよいよ今年最後の作品納品でした★
こちらには2011年を彩る作品達が大集合してます〜

RIMG0510.jpg






 go the wall

dab4edab.jpeg









   comeup

RIMG0557.jpg





 fly room



そして本日新作

RIMG0505.jpg








設置してもらいました〜

CA3J0083.jpg
  







 croco


まる一年間作品を作り続けられたことに喜びと感謝です☆
もっともっと 作って創って 

もっと出来たはず
来年はもっとだ もっと!







 

おわかれ

昨日
いつかやんなきゃと思ってたことを
やっと実行に移しました


いろんな作品があるけど
気持ちの入れ様が一つ一つちがうし…

若かれしころの恥ずかしいやつとか
手放せないけ雑に扱えるやつとか
なんか生きてるみたいに存在感あるやつとか
梱包したままで大事なのか忘れてるのかわかんないやつとか
やったったで!とか言っちゃえるやつとか

浅いダンボール経験のなかでも
やっぱり転換期になったやつはあるもので
思いとか入っちゃてさ



デカイ作品になると保管の方がコストかかったりして
確実に嫁入りするってわかってないと作れない
なんて状況はいけないし
だからって次から次へと生み出していいかって言ったら
言っても止まらずに考えずになとかなるやって作るわけで

アーティストやってるね〜 なんて言われたら
やっぱり 全ての行為がすごくムダで無意味な作業なんじゃないかって
無意味ではなくともムダではあるかな とか
やんちゃなままやりたい放題欲望のままやってるかって言ったら
それは違うとはいえるけど

色んな見方があって と言っても大体認めるか認めないか無関心かしかないし
人がなんと言おうが関係ないとか思うけど めっちゃ関係あるし
やっぱり認められたいとか思うと
やっぱり結構ムダかな  とか

それでも作るもんは作るけど


2010年3月の恐竜
作った時のことを思い出しながら
それから1年半の間に作っちゃった数々の作品のこととか考えながら
ムダではなかったのだと思おうとしたけど
一番ムダだったのはここまで手元に置いておいたことだったのかと 
気付いたりして

でもわたしは好きだったよ これまで私の全てだったよ
これまで作り続けてこれたパワーになっていたと思います

最後までちゃんと名前つけてあげられなかった ごめん
さよなら恐竜




_MG_2108.jpg







6e0eb7c0.jpeg








7e414d4f.jpeg








f6a25953.jpeg








58a0e4ac.jpeg








15c11c88.jpeg








3481e99c.jpeg












簡単には終わらせないからっ








 

プロフィール

HN:
玉田多紀
年齢:
35
性別:
非公開
誕生日:
1983/04/20
職業:
造形作家
趣味:
創作料理/日本酒/ワイン/

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

[03/31 おと]
[06/18 コージ]
[03/28 さかサイ君]
[01/12 DAI山本]
[09/03 おいちゃnn]

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

Copyright © ☆ダンボール造形作家 玉田多紀活動日記☆ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]